活動報告 2020年

anker

2020/01/23 べストブレーン浜松チームコンサル情報

企業の連携による仕事の紹介・新商品の開発       

 

 コンサルタント集団べストブレーン浜松は、企業経営・工場改善・HACCP・IOT・IT・人材育成などの各分野の専門家が集まって企業支援を行っています。その中でも最近特に力を入れているのは違う分野の各専門家が複数人集って一企業に対しグループコンサルを行っていることです。

 また過去にコンサル支援を行った企業、現在コンサル支援を行っている企業間同士の連携を持ってもらい仕事の紹介、コラボレーションして新商品を開発、商品化する橋渡し役などを含めたコンサル活動を行っています。

その事例を以下に紹介いたします。

 

1.仕事の紹介

  ①コンサル支援先のS楽器会社の部品を、同じくコンサル支援先の

プレス、溶接の会社に発注してもらい量産納入をしている。

プレス、溶接は高精密で、品質も安定しているので喜ばれている。

  ②木材製品を①とは別のK楽器会社に納入している下請け業者A社が、楽器会社から

コスト、品質の要求が厳しく、採算が合わなく悩んでいたが、型製造B社は木型の技術があり、マシニングセンターなどで精密加工が出来るB社をA社に紹介し、B社で加工してもらっている。A社,B社ともコンサル先である。

 

2.新商品の開発、商品化

①菓子製造業者と野菜カット、パウダー化の出来る業者と協力しあって新商品が出来ないかプロジェクトを立ち上げ動き出した。

まずは菓子業者が野菜カット会社に材料を発注した。今後はパウダーを使った新製品を追求していく。両社ともコンサル支援先である。

②木材加工(製材業)、建築、家具を生産している企業と、上記1②の金型製造会社と顔合わせし、建築、家具のセンスと木材を精密加工できる技術、設備を利用して新商品が開発できないか,今後協力し合うことにした。

 

3.専門分野の複合でのコンサル

某製造企業で生産性の向上、効率化をめざして、作業改善、レイアウト改善などのトヨタ生産方式のコンサルを複数人で行っているが自動化、少人化となると設備改善、ロボット化も要求される。いま設備メーカーとタイアップし着々と進めているがそこに今後IOT,AⅠの専門家を加えて総合的な改善を進めていくつもりでいる。

  それぞれの専門家が集まり広角的に追求改善していくと効果もおのずと大きくなる。

 

以上グループコンサルの成果、コンサル先の連携による効果事例を紹介いたしました。

今後ベストブレ―ン浜松は今後も積極的に時代のニーズに会った改善活動を行って行きます。是非皆様方の企業にもお役に立ちたいと思いますので声をかけて頂けたらうれしく思います。

 

                         べストブレーン浜松顧問   

                            宮崎  證