活動報告 2021年

anker

2021/03/08 袋井商工会議所伴走型支援の経過報告

 

 梅の花が春を告げる頃になりますと、私達ベストブレーン浜松の今年度業務も終わりが近づきます。

さる2月19日(金)に袋商工会議所におきまして、『経営発達支援計画 事業推進協議会』が開催されました。この協議会は袋井商工会議所が行った令和2年度の事業の事例紹介及び事業報告される会議です。この事業の支援専門家として、ベストブレーン浜松が支援した2事業が紹介され、参加者の方々から多大な評価をいただきました。

 

『経営発達支援計画 事業推進協議会』の一場面
『経営発達支援計画 事業推進協議会』の一場面

各企業の経営課題ごとに専門性の高い担当者がチームを編成して対応する「チーム・コンサルティング」の手法が評価された結果だと、メンバー一同大変うれしい気持ちで事業年度を終えることが出来ました。

報告されたのは、以下の2つの事例です。

1、 ものづくりドック (製造業支援事業)

2、 生産性の向上並びに働き方改革達成事業

(ICT活用支援事業)       

2つの事例に関しまして、事業推進協議会までの過程と支援の概要をご紹介します。

1、ものづくりドック  支援企業 :3社

10月   支援企業3社が決定し各企業への取り組み方法と担当者の決定をしました。

        各企業3人が担当し、支援活動を開始しました。

11月   経営課題を浮き彫りにし、各担当者の得意とする視点からアドバイスを実施しました。

12月   計4回の訪問を通して対応策の支援をしました。

12月末 3社それぞれに最終報告会に向けたすり合わせ会を実施し、提案内容のまとめをしました。

1月末  各企業に対して最終報告会を実施しました。  

 

【支援の概要】

【I社】  担当 :大石、小川、宮崎

・経営課題の抽出と今後の対策についての総合的助言

・クドバス手法による技術・技能マップの作製と伝承計画の策定

・作業分析ツール「動作解析ソフト」を活用した伝承技術の動画マニュアルの作成

・5Sの改善による現場の整備と労働生産性の評価方法の支援 

 

【M社】  担当 :大石、増井、小野、小西

・経営改善テーマとして、利益構図からの事業活動の優先順位を決め、中期計画書作成の指針を提示

・生産性向上を目指した3項目の取り組み提示と具体的な運用のための助言

 

【T社】  担当 :大石、藤田、山脇

・経営全体の評価と今後の方向性を提示し、中期計画作成のための指針を提示

・新規事業の推進方針と直近の課題解決に対するアドバイス

2,ICT活用支援  支援企業 ;3社

 この事業は、当日都合のつくメンバーが全員集まり、ブレーンストーミング形式で経営課題を抽出することからスタートしました。この手法も「チーム・コンサルティング」 ならではの特徴です。                                                       

経営課題が明確になったところで、支援チームを形成し、その後は「1,ものつくりドック」と同様の経過を経て、2月10日、最終報告会を実施しました。

 

【支援の概要】

【U建設】  担当 :小川、小野

・トライアル中のICTツールの実務的な運用手順を提示

・手書き帳票の廃止、デジタルでの可視化、社内共有化により経営管理資料として活用する仕組の提示

・現場へのICT活用の啓蒙活動と社員全員の利用拡大の手法をアドバイス

 

【T農園】  担当 :小野、小西

・担当者育成 資料のデジタル化 データ分析、活用法の支援

・水稲生産実施計画のデジタル化に関する手法のアドバイス

・導入済みの管理システムの活用検討と、先行実例の紹介

・先進事例現場の見学計画の提示

 

【Y農園】  担当 :小西、小川

・スタッフ間の業務連絡ツールの実用化、タスク管理の実用化を提示

・スタッフが自発的に改善に取り組むことができる仕組みとして、デジタル化への小集団活動の提案 

・継続テーマに対応する計画作成手法のアドバイス

 

私達ベストブレーン浜松は、来年度も「チーム・コンサルティング」により、事業者様の経営課題を多方面から分析し、的確な課題解決策を提示し、お役に立てることをお約束します。

 ベストブレーン浜松 山脇保生

 

anker