活動報告 2016年
2016/10/31 組織の健康状態をチェックして、会社の成果に繋げませんか

3月~7月にかけて6社の組織診断を行い、最終的には、<組織診断>を完成させるまでの活動をしてきました。

 

<心のベクトル診断>とは、静岡大学との共同研究で開発をしたものであり、よくある「組織風土診断」・「社員満足度診断」ではなく、会社の目指すべき方向に、どれだけ社員が向かっているかという観点での診断です。また、★成果に繋げるためには、「組織のどこに問題が潜んでいるのか」をデータ解析して対処法をご提示するものです。

特に、組織の中で<結果・成果>につなげるために、8つの要素(上記カテゴリー)のどれに起因しているのかをデータ解析より明確することも致しました。

〇また、こんなことも・・・6社のデータより 

 

  8項目を更に20項目に細分化し、各企業の平均値をグラフ化してみました。

②  今回の調査企業のうち、5社のデーターをもとに、企業の<成果・結果>に起因する要因は何かを分析したところ、<理念の共有>と<職務遂行姿勢>という項目が強く起因していることが、データ解析よりわかりました。そこで、ご協力を頂きました企業様にはその内容も含めてご報告をさせて頂きました。尚、こちらの内容は、産業・組織心理学会や静岡大学でも発表をしましたが、これからも精度を更に上げ、お客様に喜ばれるものを提供できるようにしていきたいと思います。

 須山由佳子

2016/09/12 ”ISO9001-2015”への移行準備をサポートしています

1.ISO9001が2015年に大改訂されました

 ISO9001は品質を管理する仕組みですが、企業経営の武器として、企業体質強

化に大変有効であることはよく知られており、日本全国で38、017社が認証を受け

ています(16年9月5日現在)。このうち静岡県は第7位で1、227社にのぼります。

 

2.今回の改定の狙い

 構造面では品質や環境などのISOマネジメント規格共通の過剰構成にそろえ、

整合性をとり、管理しやすくしました。

 運用面ではサービス業がより使いやすいものにしたこと、リスク管理の考え方を

導入したこと、パフォーマンス向上を重視したこと、さらに顧客重視を強化したこと、

そのほかがあります。

 

3.2015年版による認証取得が必要です

 2015年9月に改訂されましたので、今までに2008年版で認証を受けた企業は、

3年以内(2018年9月迄)に、新しい規格で審査を受け、認証を取得しなけれ

ば、いままでの認証は失効してしまうことになります。

 

4.ベストブレーンでは移行準備のサポートをしています

 ベストブレーンでは、現在急激に増えつつある移行準備希望企業のサポートを、

積極的にお引き受けし、ご期待に応えています。

 ベストブレーンでは、まず改定の狙いとポイント及び規格の逐条解説を、オリジ

ナルテキストを用いて行い、理解をふかめていただきます。

 次に、御社がISO9001の認証を取られた目的を踏まえながら、2008年版

から改訂された2015年版に移行する再構築を進めます。この際、御社として力

を入れたい重点事項に力点を置いて進めていきます。例えば2015年版はPDCA

に力点をおき、パフォーマンス向上をねらっていますので、それに関連するMRや

内部監査についてしっかり見直していくというような見直し方法です。

 そのほか、御社のご希望に沿ったサポートを行ってまいります。

 

5.今までのサポート事例

● 電気応用部品メーカ(従業員50名) 約5か月で見直し完了 

ルールの簡素化、記録類の整備、MR・内部監査の見直し、顧客満足度

調査の再検討など。現在試行中で、今年中に認証取得予定。

● 小売り業(約60名) 現在進行中で年内見直し完了予定

組織の状況とリスク管理の導入に挑戦、、文書・記録類の見直しと簡素化、

外部提供者との関係・評価の見直し、販売員教育計画、そのほか。

 

               失効期限までに,あと残り正味2年となりました。

               ベストブレーンは,きっと御社のお役に立ちます。

 

文責 ベストブレーン 品質・ISO・経営改善担当  細谷 有輝

2016/07/16 ホームページ・通販サイト開設コンサル 事例紹介
安藤太鼓店ホームページ
現在の安藤太鼓店ホームページ

<概要>

コンサル対象 安藤太鼓店 

  浜松市浜松市中区西浅田2-6-6  http://www.andotaiko.com/

 明治28年創業の和太鼓製作・修理の老舗で、職人が手作りで手間ひまかけて丁寧につくることが顧客満足につながるというポリシーを貫き、顧客と好みの音を確かめながら制作するスタイルを続けている。

<コンサル当時の状況>

 近年売上の減少が続いており、市場規模の縮小が主な原因であるが、中国製の廉価製品の影響も大きい。

<課題>

 3代目の安藤恒司社長は職人として修行を重ねその伝統を守ってきたが、営業面での活動が手薄で、チラシや広告は殆どしていない状況であった。

 ホームページの開設は比較的早く行ったが、友人の手作りということもあり、色々な問題を抱えていた。その問題を象徴するのが検索順位の低さや問合せの少なさに表れていた。

<コンサル内容・手順>

 5回の訪問でホームページのリニューアルと通販サイトの構築の進め方について、以下のような内容・手順でコンサルティングを行った。

 

 第1回 インターネット活用の目標・目的の確認

・現状ビジネスの課題と今後の方向性ヒアリング

・現状サイトの問題点の確認

・インターネット活用の目的、位置づけ確認

・参考情報紹介

・顧客ターゲットの明確化

第2回 ホームページリニューアル方針の決定

・リニューアル推進体制、予算、スケジュール等

・リニューアル概要

・リニューアル手法、方針の検討

・通販サイト導入方針の確認

第3回 コンテンツ構成の検討

・ターゲット別コンテンツ

・サイトマップの作成

・各ページのコンテンツ概要検討

第4回 通販サイト構築の検討

・構築手法の紹介と導入

・通販サイト構築手法アドバイス

・導入後に必要な販売促進対策、日常運用アドバイス

・検索順位対策、広告ツール

第5回 具体的な構築の進め方

・構築ツール及び業者選定の進め方

・内作の場合の制作ツールの選択

・外作の場合の業者選定の進め方

    ・今後の進め方の提案、アドバイス

<コンサル成果>

ホームページ:http://www.andotaiko.com/

通販サイト :http://shop.andotaiko.com/

 

◆ホームページのアクセス状況

◆検索順位

 ・太鼓の修理や皮の張り替え等は1~3位以内をキープし続けている。

 

◆問合せ件数

 ・以前は年間10件程度であったが、200~300件と大幅に増えた。

 

◆売上成果

・通販サイトでの売上はまだ少ないが、修理・皮の張り替えを中心とした問合せが全国から寄せられ、修理・張り替えの注文が大幅に増えた。

 

◆月例検討会

・毎月1回2時間程度の定例会を社長、社長夫人、長男 龍氏(次期後継者)と筆者で、アクセス状況の確認や課題を確認し合い、改善策を議論している。

HP・通販サイト以外のテーマも含め、毎回何らかの改善項目が議題に上り、太鼓製作関連は社長、顧客対応は社長夫人、HP・通販サイトは龍氏が各々担当され、着実に成果を上げている。

 

以上

 

文責 ベストブレーン  IT活用担当 小川貞明

2016/05/13 企業訪問無料簡易診断事例 やる気のない社員、組織の連帯感欠如の解決方法

当グループの無料簡易診断を平成28年3月に実施しました。対象は、従業員約20名の浜松市内の製造業。

 

<企業側懸案事項>

従業員の仕事に対する、やる気や責任感が乏しく、組織としての連帯感がない。また、規則遵守の意識が薄いという相談内容でした。

 

<解決の方向付け・アドバイス>

当グループの担当コンサルから、やる気や責任感の持たせ方として、目標の設置(自ら設定)、プロセス、結果を評価することを提案させて頂いた。また、組織の連帯感の欠如は、経営者の意志・考え方を従業員が理解できていないことが原因であり、経営者と従業員の意志疎通を深めていくためにも、経営者がまず従業員を理解し、評価していくことが大切とアドバイスさせて頂きました。

 

<具体的な解決策>

その具体的な解決策として、下記の取り組み案をご提示させて頂き、実施いたしました。

それは当グループの「心のベクトル診断」の手法を活用し、問題点を浮き彫りにすることです。その結果、問題解決の方向性が明確になり、経営者から感謝されています。

 

 

 「心のベクトル診断」の詳細をご希望の方はホームページの「お問合せ」でお尋ねください。

 

 

 

2016/02/29 自動車部品製造会社へのコンサルティング支援事例

1 会社トップの求めている意向の把握  社長との面談

  5S改善による工場内の整備、ムダ取り、美化、他

  生産性改善による出来高UP、利益向上

  人材の育成  改善力を身に付け継続して行ける実力を育成 

 

2 改善メンバーの選出、決定  社長に決めて頂く

  改善リーダーは社長に次ぐ実力者が必要 (専務、工場長クラス)

  メンバーは工場の管理、監督者 (課長、組長、班長クラス)

 

3 実務への展開

  現状の把握    改善メンバーと全員で共有する

  改善項目の摘出  工場内に潜むムリ、ムダ、ムラ、等の摘出と見える化

         改善日程表の作成

  改善業務に着手  個々の問題に対し、改善の考え方、手法、対策案の支援

 

4 改善効果の判定、トップへの報告

  改善実績は、写真、効果金額で全て明確にする

  半年~1年に1度成果を纏め報告会を実施する

 

5 人材育成と改善の継続

  改善効果を会社の実績資料として残し、改善メンバーには自信と達成感を

実感してもらう

  此処までの実践体験を通し、改善メンバーは今後の会社の改善の推進役に

なれる様育成する

 

 

現在、以上の活動を実践しています。

 

ベストブレーン、コンサルタント 源間栄行(記)

 

 

2016/01/10 「2.14元気シニア・シンポジウム 人生 下り坂が面白い」に参加します。

ベストブレーン(経営革新支援グループ)は、

地域社会活動に積極的に参画しています。

 

我々のグループの大きな特徴は、 市場ニーズの変化に対応できる能力確保に努めながら、

顧客の満足度アップを目指す指導者集団で あります。

 

このような特徴を地域社会のみなさんに知って頂く機会が袋井市で得られましたのでご案内します。

是非お越しください。

 

 

メロープラザ発!!

.14 元気シニア・シンポジウム

人生、下り坂が面白い。

 

開催日;平成28年2月14日(日)

時 間;13時~17時

場 所;袋井市メロープラザ

437-1102 静岡県 袋井市 浅名1027番地

TEL:0538-30-4555

FAX:0538-23-8000

参加費;無料

  員;200名(先着順)

 

シニアの力を社会と地域のために。

13:15~14:20 基調講演

            伊能忠敬に見る第二の人生の生き方

            講師 鳴海 風(なるみ ふう) 氏

            歴史小説家 日本文芸家協会会員

            著書 「円周率を計算した男」 「江戸の天才数学者」など。

 

14:30~16:00 パネル討論会

シニア世代の地域貢献とは・・・

新たな生き方を求めて一歩を踏みだそう。

パネリストのメンバーとして、ベストブレーンも参加

 

13:00~17:00 展示ブース

            みなさんの力を必要とする活躍の場をご紹介します。

ベストブレーン&アクティブ・シニア・ネットも出展します。

 

    催   袋井市メロープラザ

    援   静岡新聞社・静岡放送/中日新聞東海本社

企画運営     一般社団法人袋井シニア支援センター

 

 

問合せ先;ベストブレーン 古橋へ 053-440-4388